文字と行の人は、毎回おんなじ感じ。

DATE : 2021.10.11

とあるクライアント様から
「文字と行の人は、毎回おんなじ感じの人が出てくるんだよね~」
と言っていただいたことがあります。

姿勢が低く丁寧で、ついつい話してしまう。文字と行さんは柔らかいね、とすてきな誉め言葉をいただきました。ありがとうございます!


「どうやって採用しているの?」


と聞かれたとき、その場でうまく答えられなかったのですが、はじめて面接に来たときを思い返してみました。
かちっとしたスーツのお偉いさんがでてくるのか、少し気を引き締めつつ、なにも分からないまま(電車に乗り遅れそうになり走りながら、、)事務所へ着くと、「こんにちわ〜」と声をかけていただくと同時に、代表がキッチンで飲み物を用意してくださいました。

その光景をみて衝撃を受け、どこか緊張がゆるんでしまい、、
面接にも関わらず生意気にいろいろと話を聞いていただいたことを覚えています。

あるスタッフに聞くと、
「目の前で、丁寧にコーヒーをドリップしてくれた」
「社長が封筒にスタンプを押しているところを見ながら面接した」
と話していました。
ちなみに、文字と行の封筒は手作業でスタンプを押すのですが、最初にみると衝撃の光景かもしれません。

面接の時に、柔らかくつい話してしまう体験をしているからこそ、文字と行の雰囲気を出せるようになってきたことが不思議に感じます。言葉で聞いて表現できるものではなく、気が付いたらいつのまにか柔らかさに囲まれていた、上級レベルのものだと考えています。

入社して1年、「文字と行の人」と初めて触れた瞬間を忘れないように、お客さまに褒めていただいた言葉をありがたく受け止めながら、この先も文字と行の文化を広めていきたいと思う、月曜のお昼です。

NOTE INDEX

copyright © Mojitogyou inc.