製造業・建設業における集客や採用などのホームページ活用をまとめてみました。

DATE : 2021.10.08

ここ数年、製造業・建設業さまのご支援させていただく機会が増えてまいりました。

「ホームページで集客できるの?」
「つくったまま、何も活用できないから何か始めたくて」
「いろんな営業が会社に来るけど、誰に相談すれば良いのかよくわからない」
「SEO対策、って必要なの?マーケティングってしないとダメなの?」
などなど。

さまざまなご相談をいただきます。
それぞれの企業さまごとの戦略、というのは簡単ではなく、私自身も考えるときはいつも代表に相談しながら進めるのですが、、、お客様にご説明する際にも、「マーケティング」とか「ブランディング」とか、、どうしても「難しいこと」と思われてしまい、諦めてしまう企業さまも少なくないため、文字と行では、

「難しくないマーケティング」
「背伸びをしないブランディング」
「すぐに取り組めるWeb活用」

を心がけて1社1社ご支援しております。

今回は、これまでに文字と行にいただいたご相談をもとに、採用戦略や集客、マーケティングなどさまざまなホームページ制作(Web戦略)の可能性についてまとめてみました。

「下請けがメインだから」が変わりつつある

よくお聞きする背景として、今までの方法では新規の取引先を作るのが難しくなった、とか、いろんな無料ツールを使っても採用ができない、などが多いのかな、と思います。(もちろん、目的はさまざまです)

「下請けがメインだから」という理由で今までWebを重要視していなかった企業さまにおいても、社会のデジタル化にあわせてさまざまな活用が必要となってきており、「名刺代わりのホームページ」ではなく、新規取引先の開拓、企業の信頼構築・魅力の訴求、採用活動の強化、営業活用の効率化など、Afterコロナに向けた新たなWeb戦略・マーケティングを導入する企業さまが増えております。

また、20名以下の企業さまであれば、小規模事業者持続化補助金の活用が可能です。
効果やその後の活用が不安で取り組めなかったWeb戦略を取り入れる上で、活用しやすい補助金です。
また文字と行では「HOJOTTO.」というブランドもございますので、補助金の申請からご支援が可能です。

わたしたちが大切にしていること

文字と行では、これまで多くの製造業・建設業さまのホームページ制作やWeb戦略、活用をお手伝いしてきました。
「SEO対策」という言葉から「マーケティング」という相談に少しづつ変化しつつありますが、どちらにしてもこうすれば終わり、という方法はなくて、それぞれの企業さまにあった戦略を考えるところから始まります。(結局これが一番大切なんです)

私たちはホームページをご提供する上で、下記を心がけてご支援しております。

それぞれの企業を「知る」こと

わたしたちが大切にしている「知る」。たまに「こんな話したの初めてかも」とも言われます。
企業さまの事業を知り、社長さまの想いを知り、社員さまの人柄に触れ、3年後、5年後、10年後をともに見る一番のファンになるべく「知る」を欠かしません。質問も多くなりますが、皆さまにご協力いただきながら、ファンになっていきます。

戦略を持ち、仕組みをつくる。

企業さまとともに数年先を見据えた戦略を持ち、そこに至るまでの仕組みを作っていくことで、企業さまにとって販路の開拓に加えて、新規顧客へのアプローチがしやすい仕組みづくりができます。

みる人を意識し、魅力を伝える。

企業さまの魅力はその技術だけでなく、現場の人、道具、空間、さまざまなものに感じられます。
まず最初の接点となるホームページを通して、企業さまの想いや姿勢、手仕事のシーンひとつひとつを届けられたら。
そんな想いで、ユーザーに伝わりやすい設計を考え、撮影(写真・動画)に入らせていただきます。最適な形でユーザーに企業さまを体験していただくため、レスポンシブは基本仕様で作らせていただきます。

しっかり寄り添い、一緒にWeb戦略をつくりあげる

ホームページを作る作業はそれなりに時間もかかり、日々の業務と並行する大変さもあるため、「公開する」ということが目標のようになってしまうことがあります。
それは大きく違っていて、私たちはいつも「ここからスタートですね」とお声がけします。
私たちは企業さまの未来をともに見ながらしっかりと寄り添い、ホームページをスタートに、Web戦略を一緒に考え、一歩一歩進んでいきます。

いろんなことに活かせるホームページ

製造業・建設業とひとことで言っても、実際は1社1社、できることや特徴はもちろん、想いやこだわりが存在し、また顧客やファンとなる層のイメージも異なります。
そんな製造業・建設業さまに共通するホームページのWeb戦略やポイント、活用事例をいくつかご紹介します。

魅力が伝わるブランディング

ホームページを「名刺代わりのアイテム」と捉えてしまうとしたら、それはとてももったいないこと。
いまや世代問わず、いつなんどきもすぐにスマートフォンで検索をする時代です。企業さまの魅力や想いをカタチにできるホームページは、それらを伝えることができる場所なのです。
それは、ステークホルダーや潜在層に対してだけでなく、企業さまを支えて働く社員のモチベーションにもなり得ますし、その関わる人たちの周りにまで、届きます。

「できること」をしっかり伝える

製造業・建設業の企業さまとお話をすると、できることの範囲が広く「そのあたりはなんでもできるんだ」と言われること多々。
そして「なんでもできるから逆に難しいよね」とおっしゃる企業さまも。
なんでもできる、ということをひとまとめにせずひも解きながら、優先をヒアリングしながら、ひとつずつ丁寧に「できること」としてアピールしていくことに努めています。

Webに限らない、総合的なプランニング

文字と行はホームページ制作を主としていません。なぜならホームページだけでは、ブランドの広報や販路開拓にはならないからです。
会社案内、チラシやリーフレット、DM、ロゴや名刺・封筒などのVIツール、そして必要であれば営業資料にいたるまで、さまざまなアイテムを合わせて戦略を考えます。そして、軸なるホームページを最大限に活用するために、新規の取引先となりうる見込み客はもちろん、スタッフや協力業者、興味を頂いてくれる求職者まで、組織や事業に関わるステークホルダー全体とのコミュニケーションにおけるシナリオを描き、常に、企業さまと一緒に未来を見て、そこにたどり着く戦略を共有しながら総合的なプランニングを行います。

「頼れる会社案内」でもある

ホームページを作るとき、企業さまと一緒に考え、ご提案も重ねながら「魅力や強みを伝えるぞ!」という想いで制作を進めています。つまりは、ホームページを見れば企業のことが丸っとわかるものを目指しています。だからこそ、この場所が「頼れる会社案内」としての役割を果たすことができるのです。
今は感染リスクを回避しなければいけなかったり、デジタル化が叫ばれている時代でもあり、対面の手渡しで届けられないものと同等、それ以上の価値が、ここには作れると思います。

企業の魅力やできることをちゃんと伝えられるよう、文字と行は「知る」ことを大切にし、お客さまのファンとなります。

営業ツールとしての活用

実績や商品紹介も、いくつかアップしてあれば事足りる、とはなりません。なぜなら企業さまの技術の進歩や対応幅の拡大・拡張は、日進月歩。定期的な更新をすることで、技術が詰まったカタログや資料となり得ます。これは、営業する上でも、突然のご相談にも必ず役立つ大きな資産となります。また、タブレットにも対応したサイトであれば、営業マンにとっての大切な営業ツールとして活躍します。

その他、資料ダウンロードやチャットボットなどを活用した営業活動支援も効果的です。製造業・建設業でBtoB向けの企業さまにおいて、今までと支援を変えてオンラインを活用すれば、まだまださまざまなアプローチができるのでは、と思います。

中期的な集客の仕組みづくり

お仕事の依頼先を探している方々にとって、取引開始になるかどうかの一歩目がスムーズであってほしいはず。
初めてだからこそ、予め企業さまの強みを知り、安心して相談相手になってもらえるかが大切です。
製品や技術のことだけでなく、どんな知識を持ってて問題を解決するのか、モノづくりの視点は?などなど、
ユーザー目線に立って伝えることができるコンテンツを発信し、オンラインでのコミュニケーション・接点を育てていくコンテンツマーケティングが重要視されています。
特に企業のブランドサイトにおける記事配信は、ただ集客すれば良いわけでなく、同時にブランドを体感してもらえる記事であることが大切です。そのようなブランドサイトはもちろん、オウンドメディアなどのご提案・ご支援もおまかせください。

また、MAツール(マーケティングオートメーションツール)でユーザーを育てるお手伝いも。
MAとは、集客のための販売促進や顧客管理などをおこなうためのマーケティングプロセスを自動化して、企業さまのマーケティング活動を強化していくことです。営業や記事コンテンツを通して収集した見込み客の管理や分析をし、より関心度をあげたり、興味をもってもらうよう、Webサイトに反映しながら成果達成を目指していきます。
「マーケティング」は、小さな会社で取り組むのが難しいと思われがちですが、文字と行では、それぞれの企業さまにあったシナリオをちゃんと共有し、企業さまが取り組みやすい「難しくないマーケティング」ご提案します。

媒体に頼らない求人戦略と運用

製造業・建設業で、人材が足りない、採用がうまくいなかい、という課題をお持ちの企業さまはに出会うことは多く、経済産業省製造産業局「ものづくり白書2020年」によると、他業種と同じく深刻な「慢性的人手不足」とのこと。

原因としてよく言われているのは
・製造業のイメージ(3K:きつい、汚い、危険)により敬遠されやすい
・小子高齢化により、必要な人員確保ができない
・技術の継承が難しく、人材が育たない
などなど。

ただ、支援させていただいた企業さまの中には、人材や求人応募に困っていない企業さまも実は少なくないです。どこが違うのか、というのは簡単に説明できないかもしれませんが、私が感じる違いとしては「目線がどこに向いているのか」です。

ホームページを活用した採用戦略も同じことが言えるのだと思います。

求人媒体にたくさん費用をかけても、それだけで採用戦略が完結するということはなく、IndeedやGoogleしごと検索もそれだけではマッチした求職者と出会うことは難しいです。そして、フォーマット化された求人サイト制作サービスでも、どの企業も持つようになったことで、一般的な求人媒体と同様の扱いに近づき、自社の魅力を伝えることや差別化は難しいのが現状です。

このような状況の中で、魅力を伝えながら差別化するためには、「応募の前に必ず見る」とも言われているホームページを活用するのが何より大切です。御社のそのままの魅力を伝え、求職者に向けたメッセージや働く環境、ともに働く人たち、キャリアアップのイメージなど、さまざまなコンテンツを「見る人(求職者)の目線」でつくっていきます。
そして、そのコンテンツは、自社スタッフにも伝わります。スタッフが会社を魅力的に感じることで生まれるリファラル採用にもつながります。

今回は、製造業・建設業さまでの主なWeb(ホームページ)戦略をご紹介させていただきました。
ただ、ご紹介したのはほんの入り口にすぎません。
実際は、企業さまごとに、ホームページをどう活用するのか、その存在意義(活用目的)は異なってくると思います。今後も文字と行は、1社1社お客さまのお話を聞きながら、一緒に戦略からその実現まで寄り添っていきたいと思います。

IT化・DX導入など、製造業・建設業さまにおいても、この先も急速にデジタルの活用が進んでいくと思います。いまや企業のホームページはなくてはならないツールであり、活用するか否かで大きく差が出てきます。
だからこそ、集客や採用はもちろん、今後のステージに進む際にはとても心強いアイテムであり、

「ホームページは、小さな会社だからこそ、絶対活用しないと損なんです!」

と自信を持ってお伝えできるよう、支援させていただきます。
ホームページの新規・リニューアルや、運用・活用をお考えの会社さま、文字と行は一緒に寄り添い、支援しますので、まずはお気軽にご相談してくださいませ。

NOTE INDEX

copyright © Mojitogyou inc.
 プライバシーポリシー