コンサルティング費って、いくらですか?

時は令和となり、「ホームページを持っていれば大丈夫」と言っていた頃が、少し懐かしくもなってきました。今はそのホームページを「どう活用するのか」という広報やマーケティングがとっても大切です、、
と、書き始めましたが、
「広報」や「マーケティング」という言葉って、小さな会社さまにとっては、どこか距離や難しさを感じてしまいますよね?
お客さまにお話をさせていただくときも、「難しくないマーケティング」を心がけながら、共感してもらえるよう、いつも精一杯お話しさせていただいております。

さて、そんな現代のWeb事情において、
実際お客さまから「今は何か動かなきゃなんだよね?」と言われたり、それこそ「マーケティング」やWeb活用について相談されることが多くなったと感じております。

きっと、お客さまご自身も、普段の生活の中でスマートフォンを常に持ち歩き、ホームページやSNS、Youtubeなどから情報を得ていること、そして同じく、どこかに出かければ隣に座る見知らぬ人たちも自分と同じように、同じ方法で情報収集しているというシーンを目撃し、じわりじわりと体感しているからだとわかります。

ただこの「何か動かなきゃ」の方法がちょっと難しかったりします。

大きな企業さまであれば、「広報部」や「マーケティング部」などの専門部署があったり、担当さんがいたりして、日々目的に向けた活動を担っていることだと思います。
でも、小さな会社さまでは、人も時間も予算も、十分に費やせないといった状況は少なくなくて、さらに、小さな会社さまこそ、文化や特徴に合わせた戦略・取り組みを考えることが重要だったりするので、大企業より実は複雑なんです。

そんな中、私たちが大切にしている「知る」からのご提案をさせていただいていると、
「文字と行さんは、コンサルティングとかはしてもらえないの?」
「いくらくらいでしてくれるの?」
という有難いお言葉をいただくことが増えてまいりました。

ですが、文字と行のサービスには「コンサルティング」という項目がないのです。
でも、うちの代表が、毎日のようにどこかの会社の手伝いにいったり、相談に応えたりしているのを、私は知っているのだ。

「なぜコンサルティングはやらないのか」
と代表に聞いてみたところ、

「なんでと言われても、そもそもコンサルティングってつもりでやってないし、仲間からの相談でお金もらってたら、いつかそのつながりには終わりが来るってことじゃん。」

とのこと。
たしかに文字と行も小さな会社、お客さまとともに生きていかなきゃダメなんです。
だからこそ、「コンサルティング」と呼ばずとも、どんなご相談も、私たちができる精一杯で一緒に考えます。

もちろん、代表も一緒に考えます。
社内でも、Web戦略・マーケティングとか、ブランディングとか、各担当ディレクター(私たち)だけでは難しいとき「相談したいー!」と手を挙げれば、時間を制限することなく聞いた分だけ応えたり、お客さまからご要望があれば、時間が許す限り、打ち合わせに同席も。
※あ、もちろん、案件として動くとき、特別な作業が必要なときには費用を頂戴しますので、ご心配なく。

そーいえば、以前、
「ディレクターや制作が対応するときの『動く工数』と、
お客さまのことを考えたり、こだわるときの『想う時間』は別扱いね」
と代表が言っていた気がする、多分、きっと。(記憶の奥底に、、)

まだまだ動くかどうかもわからないけど、今思う何かや、最近生まれた可能性の種、少し課題になりつつあることなどなど、まずはなんでもお気軽にご相談くださいませ。
代表含め、私たちが企業さまのことを「想う時間」は無償なんです。

NOTE INDEX

copyright © Mojitogyou inc.
 プライバシーポリシー